ローソン『ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園』を1杯500円で販売

コーヒーニュース

ローソンが1杯500円で『ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園』の販売をすることを発表した。通常のコーヒーが100円で販売されているため、5倍の価格で販売することとなる。

ローソンは店員がカウンターから手渡しでコーヒーを提供するというカフェのような形式になっているため、高価格のコーヒーもマッチするとのことだ。

ニュースの概要

今回発売される商品は、パナマ・ボケテ渓谷の高地にある名門「ベルリナ農園」で栽培された、樹齢100年以上のティピカ種の木から収穫したスペシャルリザーブです。通常コーヒーの木の寿命は30年~40年といわれており、樹齢100年という木は非常に希少です。今回、年間生産量2.7tうち約1tをローソンで確保し、ご提供いたします。しっとりとした舌触りで柔らかくフローラルを思わせる香りが特徴です。

100年以上の歴史がある「ベルリナ農園」は、パナマのボケテ渓谷の標高1500m以上に位置しており、昼夜の寒暖差がこのコーヒーの味を生み出しています。
引用:ローソン

ネットの反応