タリーズコーヒーがハワイコナ100%のコーヒー豆を2月5日から発売

コーヒーニュース

タリーズコーヒーから、「タリーズカッパーリザーブコレクション ハワイコナ100% アリアナファーム」が販売されます。

ニュースの概要

タリーズコーヒージャパンは、2019年2月15日(金)に「タリーズカッパーリザーブコレクション ハワイコナ100% アリアナファーム」を発売する。

ハワイ島コナのアリアナ農園で丁寧に育てられているコーヒー豆で、 数量限定で1袋150g、5,000円で販売。 2019年1月25日から予約を受け付けている。
引用:https://www.hawaiiantowns.com/news/tullys-hawaii-kona-20190215/

ネットの反応

ハワイコナコーヒーとは

ハワイコナコーヒーとは、その名の通りハワイ島の西部に位置するコナ地区で栽培されたコーヒー豆のことです。ハワイコナコーヒーの味の特徴としては、酸味が強いことが挙げられます。


photo:コナコーヒー専門店

市場で売られている多くはハワイコナコーヒーを10%程度含有している「コナブレンド」ですが、今回タリーズコーヒーで販売されるものはハワイコナコーヒー100%のものとなっています。