旅行したら飲んでみたい!世界の変わったコーヒーの淹れ方9選

エンタメ

世界には変わったコーヒーが数多くあります。この記事では、そんな世界の変わったコーヒーを9つ紹介しています。

1.コピ・ルアック

View this post on Instagram

KAOS KHAS & OLEH-OLEH MAKASSARさん(@kaoskareba)がシェアした投稿

コピ・ルアックはインドネシアの非常に有名なコーヒーです。コピ・ルアックのコーヒー豆はジャコウネコの糞のなかから採取されます。中には、ジャコウネコを檻に入れて無理やりコーヒーチェリーを食べさせて作られたニセモノもあるので注意してください。

2.コピジョス

View this post on Instagram

Arief Setiawanさん(@ariefdaplun)がシェアした投稿

コピジョスはインドネシアで飲まれているコーヒーで、砂糖をたっぷり入れたコーヒーのなかにアツく熱した炭を入れるコーヒーです。なんでも、コーヒーの中に木炭を入れると酸性が中和されるそうです。

3.胡椒コーヒー


Photo by Sonja Punz on Unsplash

胡椒入りコーヒーはモロッコで飲むことができます。胡椒、シナモン、ナツメグ、生姜、カルダモン、クローブなどを入れたスパイシーなコーヒーです。

4.塩コーヒー


Photo by Edi Libedinsky on Unsplash

トルコやハンガリー、エチオピアなどではコーヒーに塩を一杯加えることがあります。塩を入れることでコーヒーの苦味を減らすことができるそうです。ただし、塩を入れすぎると塩辛いコーヒーになってしまうので中止してください。

5.バター入りコーヒー

完全無欠コーヒーとも呼ばれるバターコーヒーがありますが、シンガポールで飲まれているバターコーヒーは完全無欠コーヒーとは違います。

完全無欠コーヒーとは違い、シンガポールのバターコーヒーには面倒くさいルールはありません。ホットコーヒーのカップにバターを溶かすだけです。

6.チーズコーヒー


Photo by Kaboompics .com from Pexels

ヒスパニック系の人々は、コーヒーの中にゴーダチーズやエダムチーズを入れたチーズコーヒーを飲みます。コーヒーの中に入れて柔らかくなったチーズはあとで食べるそうです。

7.卵コーヒー

卵コーヒーは国や地域によって形は少し違います。卵白だけを入れるもの、卵黄だけを入れるもの、卵の殻を入れるものなどがあります。

8.ブラック・アイボリー


Photo by Pawan Sharma on Unsplash

ブラック・アイボリーはコピ・ルアックのようなもので、象の糞から採れるコーヒーです。象の消化作用によって苦味の成分が分解されます。ブラック・アイボリーは、タイで飲むことができます。

9.柑橘コーヒー


Photo by Voicu Oara from Pexels

ブラジルではライムの入ったエスプレッソ、イタリアではレモンピールやジュースの入ったエスプレッソが飲まれます。

シトラスはコーヒーの暖かさを軽減し、偏頭痛にも効くそうです。

Source:WHEN ON EARTH