沖縄県でソーラーパネル下でのコーヒー豆栽培の試み

コーヒー豆
Gambar oleh engin akyurt dari Pixabay

ソーラーパネルの下でコーヒー栽培を行うことで、効率的なコーヒー豆栽培ができる。

ニュースの概要

ソーラーパネル下でのコーヒー豆栽培を行っているのは、沖縄珈琲生産組合全組合会長の宮里直昌さん。ソーラーパネルによって沖縄の強い直射日光を遮断することができ、コーヒーの木の苗が良く成長するようになるとのことです。

宮里さんは2017年頃からソーラーパネル下でのコーヒー豆栽培をはじめています。宮里さんによると、沖縄県内でコーヒー栽培を行う場合の注意点は3つ。

①台風
②直射日光
③寒波

ソーラーパネルによってこの3つのうちの1つである直射日光を防ぐことができます。時間帯によってソーラーパネルの隙間から差し込む陽の光だけで十分苗は育つということなので、それだけ沖縄県の直射日光が強いということがわかります。