沖縄県をコーヒーの産地にする計画「沖縄コーヒープロジェクト」が始動

コーヒー豆

沖縄県をコーヒーの産地にしようというプロジェクトが始動しました。

沖縄をコーヒーの産地にするプロジェクト

沖縄をコーヒーの産地にするプロジェクトは、サッカー元日本代表の高原直泰さんが率いる沖縄SVというサッカーチームが主導となって行われます。サッカー以外でも何か沖縄のためになることができないかと考えたときに、沖縄の気候を利用してコーヒーを栽培することを考えついたそうです。

PR動画

プロジェクトの展望

このプロジェクトは、持続可能性の高いコーヒー栽培を推進するプログラム「ネスカフェ プラン」を執り行っているネスレによるサポートを受けています。沖縄での栽培に適したコーヒーの苗木の種の提供や、コーヒーを栽培する上で必要となる技術支援などがネスレによって行われます。

また、大学機関などによって土壌や気候の分析もなされるため、農業的な観点からのノウハウ・技術提供も行われます。

プロジェクトの第一歩として、2019年4月23日にまず240本のコーヒーの苗木が移植されます。加えて、現在ビニールハウスで栽培されている約1万本の苗木も年末~春にかけて移植される予定です。


沖縄コーヒープロジェクト

沖縄をコーヒーの産地にする本プロジェクトは、現在クラウドファンディングのMakuakeで支援を募集しています。オーナーとしてネームプレートの掲出やコーヒーの生育レポートの送付などさまざまなリターンも用意されているため、沖縄で栽培されるコーヒーを支援したいという方はぜひチェックしてみてください。

沖縄コーヒープロジェクトをチェック