フィルターでろ過していないコーヒーを飲むと死亡率が上がるかもしれない?

健康
Image by S. Hermann & F. Richter from Pixabay

「フィルターを使ってろ過したコーヒーを飲んでいる人」と「フィルターを使用せずに淹れたコーヒーを飲んでいる人」で死亡率に変化はあるのかを調べた論文を紹介します。

コーヒーの淹れ方と死亡率

この実験では、参加者のコーヒー習慣を調べるために以下のようなアンケート調査を行っています。

・一日に何杯コーヒーを飲むか

・どのような方法で淹れたコーヒーを飲むか(フィルターの有無やインスタントか、カフェインレス科等)

その上で参加者たちを約20年に渡って追跡調査し、どのような原因で死亡したのかを分析しています。

コーヒーを日常的に飲む人は寿命が長い!

このデータではコーヒー好きには嬉しい結果が出ていて、

コーヒーを飲む人のほうが飲まない人よりも死亡率が低い!

・女性の方がコーヒーを飲む人と飲まない人の差が大きい

逆にコーヒーで死亡率が高まる可能性もある

この研究で重要なのは、被験者を60歳以上と以下で分けた場合の結果です。

60歳以上で、フィルターでろ過していないコーヒーを飲んでいる人はコーヒーを飲まない人よりも、心血管疾患による死亡率が高いという結果になっています。

そういった病気になるのは高齢の方が多いでしょうから、コーヒーの飲み方には注意が必要です。

理想的なコーヒーの飲み方

この研究でわかっているのは、

フィルターでろ過したコーヒーを一日1~4杯飲んでいる人がもっとも死亡率が低い

・フィルターを使わずに淹れるコーヒーを9杯以上飲んでいる人がもっとも死亡率が高い

ということです。

というわけで、やはりコーヒーは一日4杯程度がちょうど良いみたいですね。

 

なにはともあれ、コーヒーを飲むときはフィルターを通さない方法(フレンチプレスやエスプレッソ)で淹れたものはほどほどにして、フィルターを通してドリップしたものを中心に飲んだほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました