アイスコーヒーの容器を紙製に プラゴミを減らすための検討をローソンが開始

プラスチックの使用量を減らす動きが世界中で展開されています。そんな中ローソンは、プラスチックごみを減らすために、アイスコーヒーの容器をプラ製から紙製へと切り替える検討に入りました。

ニュースの概要

ローソンが、プラスチックごみの削減に向け、アイスコーヒーの容器をプラ製から紙製に切り替える検討に入ったことが22日、分かった。ふたはプラ製で据え置くものの、ストローの提供は原則廃止する方向。これにより、プラスチックの使用量はSサイズなら8割程度削減できる。26日から一部店舗で試行し、顧客の反応が良ければ今夏にも全店へ導入したい考え。
引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022201295&g=eco

ネットの反応