日本の伝統工芸!桐でできたコーヒーキャニスター『桐 CUBE』

コーヒー器具

日本の伝統的な素材である桐を使用して作ったコーヒーキャニスターが発売。

桐でできたコーヒーキャニスター『桐 CUBE』

桐箱といえば日本の伝統工芸。桐は古くからタンスや収納箱の素材として使用されています。

そんな桐を使用したコーヒーキャニスターが、埼玉県の桐材店「関根桐材店」と芝浦工業大学のコラボレーションで誕生しました。

photo by 関根桐材店

 

桐という素材はコーヒー豆を保存するのに最適だとのこと。桐CUBEの特徴として、以下の3つがあげられています。

・桐は気密性が高く、温度や湿度からコーヒー豆を守る

・抗酸化作用によりコーヒー豆の傘下を防ぐ

・薬剤を使用していない国産の桐を使用

製品の概要

・製品名:桐 CUBE コーヒーキャニスター

・価格:3,240円

・容量:200g

・通販サイト:https://www.sekinekiriya.com/category/1/