インドネシアでドラえもんカフェが大人気!キャラクターにちなんだメニューやキャラ弁など

カフェ

「ドラえもん」はインドネシアでも人気のあるアニメです。西ジャワ州バンドン市にあるカフェはドラえもん好きの店主が開店したもので、ドラえもんのキャラクター名にちなんだメニューやキャラ弁などを販売しています。

ニュースの概要


photo:じゃかるた新聞

店名は「ドラえもんファン」を意味する「Moners(モナーズ)」から取った「d‘Moners HOME」。「ドラえもんを見て育った」という元銀行員のリンダ・アリヤニさん(39)が「数多いドラえもんファンが集まる場所に」と2016年6月に開店。バンドン市の外れにある、外観は普通のワルン(食堂)と変わらない庶民的な店だが、17年はインドネシア語版の声優を招いたイベントも開催、知る人ぞ知るファンの集い場になった。首都圏のファンも訪れやすいように、昨年10月にはボゴール市に2号店をソフトオープンさせた。

バンドン店は2階建てで全65席。1階は壁に漫画やアニメシーンが描かれたテーブル席、2階はのび太の部屋をイメージした座敷席で、おなじみのシーンの前で写真が撮れるスポットがある。店内には主題歌が流れ、ぬいぐるみやインドネシア語版の漫画もあり、ドラえもん尽くしの空間になっている。
引用:じゃかるた新聞