『コーヒーフレンズ』韓国の俳優ユ・ヨンソクとソン・ホジュンが320万円を児童病院に寄付

エンタメ

韓国の俳優ユ・ヨンソクとソン・ホジュンが、3260万ウォン(約320万円)を児童病院に全額寄付した。ケータリングカーを自ら運用して募金する「コーヒーフレンズ」という寄付プロジェクトによるもので、2018年3月から11月まで毎月行われ、東方神起ユンホや2NE1出身のダラ、俳優イ・グァンスなども参加した。

View this post on Instagram

유연석さん(@yoo_yeonseok)がシェアした投稿

ニュースの概要

View this post on Instagram

손호준 SON HO JUNさん(@sonhojun_official)がシェアした投稿

ユ・ヨンソクは2018年3月、飲み物1杯でも寄付ができるという趣旨の「コーヒーフレンズ」プロジェクトを、親友のソン・ホジュンとともにはじめた。ユ・ヨンソクはコーヒートレーラーの運転免許を取得し、ソン・ホジュンはバリスタの資格を取った。

「コーヒーフレンズ」プロジェクトはソウル・汝矣島から出発し、11月までの間、毎月ソウルや仁川などで行われた。ユ・ヨンソクとソン・ホジュンは自らコーヒートレーラーを運転して市民にコーヒーを配った。市民はコーヒーを受け取る代わりに、出したい金額を寄付した。

クリスマスイブの12月24日、彼らはプルメ財団のネクソン児童リハビリ病院を訪れ、3260万ウォン(約326万円)を寄付した。寄付金は障害児向けのリハビリ治療に使われる予定だ。
引用:ハフポスト

View this post on Instagram

유연석さん(@yoo_yeonseok)がシェアした投稿

ネットの反応