腸内の善玉菌を増やすコーヒーオリゴ糖のすごい効果

エンタメ
Photo by Brett Sayles from Pexels

健康のためにフラクトオリゴ糖を使用しているという人もいるかと思いますが、オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖以外にもいくつか種類があります。その中には、コーヒー豆から生まれたコーヒーオリゴ糖というのもあるというのをご存知でしょうか。

コーヒーオリゴ糖とは

現在オリゴ糖とよばれるものは、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖など10数種類。
「コーヒーオリゴ糖」は、コーヒー豆カスから抽出・精製した後の液の中から新たに発見されたオリゴ糖です。
コーヒーオリゴ糖は、コーヒー豆カスから抽出された成分なので、味わいの面でもコーヒーとの相性がとてもよいのです。さらに砂糖の半分ほどと低カロリーで、甘味は1/5です。
いろいろな健康に役立つ機能があると考えられていて、現在も研究が進められています。現在わかっている特性として、「脂肪の吸収を抑えて、たまった脂肪を代謝させる」、「腸の働きを助ける」、「アレルギーになりにくくする」働きがあります。

引用:AGF

コーヒーオリゴ糖の効果

おなかの調子を整える

コーヒーオリゴ糖は消化されにくく、小腸粘膜まで約96%が残存します。そのため、体内で消化されることなく腸内細菌のエサが多く届けられるということです。

また、コーヒーオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌のエサになりやすく、悪玉菌には食べられないという性質を持ちます。つまり、コーヒーオリゴ糖を摂取することによって善玉菌だけを増やすことができるということです。

おなかの脂肪を低減

コーヒーオリゴ糖を摂取することで、脂肪が排出されやすくなり脂肪吸収を抑制する効果があることがわかっています。また、コーヒーオリゴ糖には内臓脂肪面積を低減させる効果もあります。

抗アレルギー作用

動物実験ですが、コーヒーオリゴ糖の持つ特殊な構造と善玉菌の増殖効果によって、抗アレルギー作用をもたらすことが確認されました。これは、人間がコーヒーオリゴ糖を摂取することによってもアレルギーを抑える効果を持つ可能性があることを示しています。

Blendy ヘルシースティック コーヒーオリゴ糖プラス

コーヒーオリゴ糖を含んだ商品としては、Blendyの「ヘルシースティック うれしいカフェオレ コーヒーオリゴ糖プラス」があります。コーヒーオリゴ糖の効果を試してみたいという方はぜひチェックしてみてください。