フレンチプレスからエスプレッソまで対応したコーヒーグラインダー『Brunopasso GA-1X Limited』が12月25日より数量限定で発売

コーヒー器具

株式会社デバイスタイルマーケティングが、deviceSTYLE(デバイスタイル)コーヒーグラインダーの新ラインナップとして、コーヒーグラインダー『Brunopasso GA-1X Limited (リミテッド)』を2018年12月25日(月)より数量限定にて発売することを発表した。

概要

『『Brunopasso GA-1X Limited』は、熱の発生が少なくコーヒー豆の香りがより引き立つ、手挽きのような挽き方を実現したLOW(手挽き)モードやコニカル(円錐型)カッターなどを備えた、本格派のコーヒーグラインダーです。

ボタンを押し続けることなくスムーズにコーヒー豆を挽くことができるオートストップ機構(挽き始めて 2分間経過すると自動的に停止します)など、ご好評いただいておりますGA-1X Special Edition の機能はそのままに、デザイン性を重視した限定色のロジウムシルバー色を採用。ドリップコーヒーをはじめ、フレンチプレスからエスプレッソまで多様なニーズに対応。コーヒー通の方のみならずエントリーユーザーの方にも快適にご愛用いただくことができるコーヒーグラインダーとなっております。
引用:デバイスタイル

製品仕様


photo:デバイスタイル

選べる回転モード

用途に合わせて、ノーマルモードと手挽きモードの選択が可能。手挽きモードはノーマルモードよりも回転数が少ないため熱の発生が抑えられ、コーヒーの香りをそこなわずに豆を挽くことができる。

オートストップ機能

豆を挽き始めてから2分が経過すると自動的に停止する。

円錐型カッター

低回転数円錐型カッターを採用しているため熱が発生しにくく、コーヒー豆の香りを損ないにくい構造になっている。

挽き目ダイヤル

挽き目は1から5まで無段階に調整することができる。フレンチプレスからエスプレッソまで幅広い抽出方法に合わせた挽き方をすることが可能になっている。

2018年12月25日より数量限定で販売

『Brunopasso GA-1X Limited (リミテッド)』は2018年12月25日より販売開始。数量限定となっているので、ほしい方はお早めに。

通常版