コーヒーを飲んでいる女性は体脂肪率が低い傾向にあるという研究結果

健康
measuring tape and fruits

イギリスのアングリア・ラスキン大学の研究者が行った最近の研究によると、コーヒーの摂取量が多い女性は体脂肪率が低い傾向にあったとのこと。

体脂肪率とコーヒー摂取量の関係

この研究は2003年~2004年、2005年~2006年の2回に分けて調査が行われたものです。

20歳~69歳の男女のコーヒー摂取量と体脂肪率の関係を調べています。

 

1日のコーヒーの摂取量によって下記の6グループに分類。

①コーヒーを飲まない

②0.25杯未満

③0.25~1杯未満

④1杯

⑤2~3杯

⑥4杯以上

その上で、参加者の身体をスキャンして体脂肪率を測定しました。

コーヒー摂取量の多い女性は体脂肪率が低い

コーヒーの摂取量と体脂肪率の関係を調査した結果、

コーヒーの摂取量が多い女性は、飲まない女性に比べて体脂肪率が有意に低い

・20歳~44歳の女性は、コーヒーを1日に2~3杯飲んでいる場合に体脂肪率が低い

・45歳~69歳の女性は、コーヒーを1日に4杯以上飲んでいる人は体脂肪率が低い

といった結果になっています。年齢によって体脂肪率が低くなるコーヒーの量が異なるのは面白いですね。

 

ちなみに男性はまったく関係ないのかというとそんなことはなく、

20歳~44歳の男性で、1日に2~3杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて体脂肪率が低い

とのことです。

タイトルとURLをコピーしました